1178447_m.jpg

スクールの理念

「野球についての考え方や技術に関するレクチャーだけではなく、皆さんが将来必要となる学力の養成、そして理想の未来像とそれを達成する道筋の明確化をサポートしていきます」

皆さんは、自分の人生の目標を人に伝えることができますか? 私は智辯和歌山高校で甲子園全国制覇をし、日本代表の4番も務めました。法政大学、日本生命でも野球をし、いずれでも主将、副主将、4番を経験しました。

 

しかし、野球人生を終え、会社員として新たなフィールドに立った時、野球しかやってこなかった私は、全く動けなくなってしまいました。 そこで、私は他の野球部出身者と一緒にその原因を考えました。その結果たどり着いた結論が主体性の欠落が原因であるということです。人は理想の将来像を具体的にイメージし、それを実現するための訓練をしていけば、具体的な課題が見つかり能動的に生きることができます。

 

人生の中で、理想の未来像を描き訓練を積み重ねるタイミングが早ければ早いほど、爆発的な能力を発揮できるようになると思います。 私が主宰するスクールには「ナマ粋」という言葉が入っています。「ナマイキ」というとネガティブなイメージをもつかもしれませんが、そうではありません。

大きい夢、目標を持つこと、その実現に邁進すること、そしてその過程で身につけた能力を臆することなく表に出していくこと。そうした姿勢は大人からすると「ナマイキ」に映るかもしれません。しかし、それらを自らの個性としてアピールしていくことはより高いレベルで活躍していくためには必要なことです。また、目標の実現に向けて我武者羅に努力する姿、それは「粋」ではないでしょうか。 このスクールでは、野球についての考え方や技術に関するレクチャーだけではなく、皆さんが将来必要となる学力の養成、そして理想の未来像とそれを達成する道筋の明確化をサポートしていきます。

 

このスクールでの学びが皆さんの「ナマ粋」な人生の実現に寄与できるなら、私にとってこの上ない喜びです。一緒に学びましょう。